2013年03月10日

野鳥撮影講座


八ヶ岳倶楽部では訪れるかわいい野鳥たちの姿に
毎回時間を忘れて見入ってしまう
DSC_0301.jpg

ショップに飾られている野鳥の美しい写真やカレンダー
12月に「若尾親さん」の名前を初めて知った

その若尾さんの野鳥撮影講座が3回開かれることを知り
3回目の今日参加(横浜3名、町田1名、東京1名)

午前中10時から自由に撮影
昼食をいただく間に、撮った写真を2枚選びSDカードをお預け
その出来上がった写真を見ながら、先生の批評とアドヴァイスの予定のはず

それが出来上がってみると。。。
大きく引き伸ばしてあって
1枚には若尾先生がサインしてくださって

大好きな「ヤマガラ」くんの後姿
DSC_0406.jpg

もう一枚は「ヒガラ」
大きくプリントされるとは思わず、トリミングで大きくしちゃって
DSC_0409.jpg
かなり画像が荒くなっていますあせあせ(飛び散る汗)

人数が少なかったので、聞きたいことを色々質問
野鳥を撮る時に迷ってしまうISO感度の数値
F絞りの数値のこと

フォーカスポイント?(ピンポート?)
の場所も左の方にあるのを
何も疑問に思わず、半押しして撮りたいアングルに動かしていた
鳥は真ん中にくる様ににした方が良い
・・・と設定の仕方を教えてくださった
いえいえ、お花だって真ん中にあったら便利です!

撮影の合間に興味深いお話をたくさん聞かせていただいた
野鳥に興味を持つとその鳥の好きな実や花に興味がいく
特に山野草には自然と目がいくようになる

冬鳥の帰る時期のこと
シメ・・・くちばしが桜色になったら
冬鳥は北の方で子を作り、子育てに(家族で)やってくる
冬の地が第ニの故郷に

明日までバードウオッチングカフェをやっていて
若尾先生の写真も飾られていて特に気に入ったのは
この「オオマシコ」
DSC_0394.jpg
「オオマシコ」のことは別名「ローズバード」って言うのですってぴかぴか(新しい)

そこに置いてあった先生のクマタカの写真集
最初からページをめくりながら、撮影の状況を教えてくださいました
DSC_0395.jpg
12年かけてクマタカを追い続けたお話
写真の素晴らしさに、買ってきました
DSC_0411.jpg


カレンダーの写真の解説をしてくださる若尾先生
DSC_0399.jpg
めじろ押しのお話中
このメジロの雛たち愛らしいハートたち(複数ハート)
DSC_0400.JPG


「コマドリ」の幼鳥
DSC_0401.jpg

「先生はいつから野鳥を撮るようになったのですか?」
一番若い女性が尋ねると
サラリーマン時代、二子玉川の川で初めてカワセミを見て
その姿に感動してからなんだそうです。37歳だそうです!

素朴で温かさがにじみ出ていて、とても魅力的な男性でした
無理して出かけて行って、本当に良かったでするんるん

ホームページを見つけました
http://www.birds-club.jp/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

コガラくん
CSC_0396.jpg

「ウソ」のとなりにいた子
「コガラ」かな? かわいいから拡大トリミング
CSC_0389.jpg

ご愛嬌の「ヤマガラ」くん
CSC_0391.jpg



posted by ruru at 23:58| 神奈川 ☀| Comment(4) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。